小学校と幼稚園の運動会。、車、自転車で学校まで行くの禁止で体力が削られる

今日は息子が小学校入学して二回目の運動会でした。去年は初めての運動会で、どのように場所取りをするのか、どんな風に競技を見るのかなど、不安があり、夫の両親は呼ばなかったのです。でも、呼ばなくて正解かなと思いました。

 

風は強くて、お弁当に砂が掛かるし、よその誰も座っていないシートが空を舞っているし、子供会が少ない事、子供会に所属する家庭が少ない事からテントは設置されておらず、日よけになるものもなくて、救急車で運ばれた人がいる程だったので、高齢の夫の両親にはきつい環境になったかもしれません。次の日に具合が悪くなったと言われたら私が気になって仕方ないですし。

 

今年はお昼すぎには帰っても良いから少しだけでも見に来てほしいと、途中で帰っても良いように前もってお話して来て貰いましたが、最後まで居てくれました。子供達も去年は来てないから嬉しい!と喜んでいました。気を遣い過ぎたかな、と少し反省しています。

 

幼稚園の運動会はお昼は挟みますけど、時間も小学校より短いし、秋なのでこんなに暑く、日差しも強くないので辛いとは思わなかったのですが、小学校の運動会は朝は早いし、日差しは強いし、車は勿論、自転車で学校まで行くのも禁止なので親子競技がないのに体力が削られます。

 

でも、幼稚園の時よりも長い距離の徒競走があり、複雑な振り付けのレクレーションがあり、高学年の見応えのあるダンスや騎馬戦、組体操を見るのはとても楽しく、今から自分の息子や娘が○年生になったら同じようにやるのだろうと想像してみたり、まだ見ぬ子供達を想像してわくわくします。

 

今年から3年間は6月には小学校の運動会、10月には幼稚園の運動会と年2回の運動会がありますが、慣れてきたせいか辛い行事と思っていたものが楽しい行事に変わりつつあります。

関連ページ

知人の誕生日プレゼント!プラモデル作りは難しいですね。
知人の誕生日プレゼント!プラモデル作りは難しいですね。
シンプルな部屋を目指して家の中の収納を考える
シンプルな部屋を目指して家の中の収納を考える